生駒の南に位置する三郷町。ここ勢野の秋留八幡神社では340年前から古式ゆかしく伝えられる「鬼打ち」儀式が面々と続けられています。儀式を祭事するのは代々の座の男長子が務める衣冠装束姿の一老、二老、三老です。一老は神撰および弓、白羽矢七本を神に捧げ祝詞を奏上します。二老から弓矢を受け取り、天、地、東、西、南、北に矢を放ちます。三老はこの矢を集め、最後に「鬼」標的を射抜いて氏子の平和と幸福を祈念します。(三郷町教育委員会資料より抜粋)(H15.01.16撮影)
秋留八幡神社の鬼打式「南を打つ」
秋留八幡神社の鬼打式「南を打つ」
秋留八幡神社の鬼打式「天を打つ」
【鬼打式「天を打つ」】
小さな画像はこちら
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO