下田の鹿島神社では年頭行事の一つである「結鎮(けっちん)祭礼」が祭事されます。「結鎮」は結束を固め神を鎮めると伝えられているそうです。約800年以上前の鎌倉時代の建久7(1196年)から伝わる下田の鹿島神社に奉仕する宮座の座衆(結鎮座)の伝統行事です。
鹿島神社の分霊を迎え参道
(伊勢参り街道)を古式ゆかしく行列した後に上十人衆の頭屋宅(お旅所)で神事されます。なお、鎌倉時代はじめ頃から現在まで延々と宮座衆の記録である『結鎮座入衆記録』は奈良県の指定文化財になっています。
(H15.01.26撮影)
下田鹿島神社「結鎮祭礼」
下田鹿島神社 「結鎮祭礼」
下田鹿島神社「結鎮祭礼」
【頭屋での祭礼】
小さな画像はこちら
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO