空が白み始める頃、神野山颪が通り抜ける菅生の峠に上出地区の人たちが集まってきます。山ノ神は山の中に宿って山仕事をする人たちの安全を祈っているといい、新年に五穀豊穣と山での安全を祈ります。峠の小高い丘の上にご神体が祀られており、山の神は女性と信じられ、機嫌を損ねてはならないと女性の姿は見られません。ご神体の傍に半紙を置き、四方に竹を立て、中央にミカンを刺し、栗、干し柿を供え倉立てをします。以前は各戸ごとに倉立てを供えたそうですが今は簡略化されてひとつだけ。農林業の七つ道具であるクワ、ノコギリ、ナタ、カマ、クマデ、ツチノコと「ご祝儀五億六千七百万」と墨書された刀も供えます。スキの代わりにトラクターになっているのが現代的です。(H17.01.07撮影)
山添村菅生上出 「山の神倉立」
【山添村菅生上出 「山の神倉立」】
山添村菅生上出 「ホウデン供え」
【山添村菅生上出 「ホウデン供え」】
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO