天理市荒蒔町の勝手神社から数十メートル離れた的場大明神でケイチン祭の鬼打ちが行なわれます。的場大明神は女性の腰を守る守護神です。鬼打ちの最初の矢はその年の恵方に向って射られます。矢は12本用意されるもので一年間を表しており、うるう年は13本となります。13本となるのは陰暦のうるう月によるもので、その名残が現代にも続いています。鬼的の前には同本用意された御幣と灯明が立てられます。弓は柳の木。矢はすすんぼを使って作られるもので、長さや大きさは決まっています。御膳の白豆、くろめ、サトイモ、ほうれんそうは勝手神社神殿に神饌されます。(H17. 1.12撮影)
荒蒔的場大明神 「神饌と鬼打ち供え」
【荒蒔的場大明神 「神饌と鬼打ち」】
荒蒔的場大明神 「荷い衆」
【荒蒔的場大明神 「荷い衆」】
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO