大和郡山市の小泉神社の秋の祭典。西方、市場、本町、北野の各地区から今年選ばれた御供当家(ごくとうや)宅から長老を先頭に、御幣を持つ御供当家、根付き稲穂のサカキや御神酒を持つ世話人、御酒当家(みきとうや)、唐櫃人足、宮司、世話人、巫女らが順に並んで、長老が発する「ウゥーワハハイ」と連唱しながら、同神社までお渡りをします。700年以上も続くお渡りで発する言葉の「ウゥーワハハイ」とは産土神を拝するといい、道中を清めるもの考えられるますがはっきりとした所以は判っていません。道中、宮入りされる各地区のふとん太鼓台でごった返す中をすり抜けていきます。拝殿で祭礼が行われている間にはふとん太鼓台が威勢よく次々と宮入りがされ、祭りがいっそう盛り上がります。(H17.10. 9撮影)
小泉神社 「産土神拝する」
【小泉神社 「産土神拝する」】
小泉神社 「巫女神楽」
【小泉神社 「巫女神楽」】
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO