万葉歌人の柿本人麻呂が、宮廷狩場の”阿騎野”を訪れて「ひんがしの野に かぎろひの立つみえて かえりみすれば 月かたぶきぬ」と詠んだといわれます。「かぎろひを観る会」はこの歌が詠まれたとされる旧暦11月17日望月の日に毎年開催されており、全国から万葉ファンをはじめとする観客が集う大きなイベントです。大宇陀町高見山系で日の出一時間ほど前にオレンジや薄紫色で東の空を彩る”かぎろひ”は神秘的な陽光です。厳しく冷え込んだ晴れた日にわずかな時間に水蒸気が太陽光線が乱反射して起きる自然美です。 (H16.12.28撮影)
かぎろひの丘 「月かたぶきぬ」
【かぎろひの丘 「月かたぶきぬ」】
 
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO