奈良市都祁友田町の都祁水分神社。古式ゆかしく行われる渡御祭礼は都祁山口神社を出発した還幸神輿を道中の神輿休みの地へ迎えに行きます。大和国中の東部になるこの地域は、東山内と呼ばれる広大な地域で大字は旧都祁村から友田、来迎寺、小山戸、相河(そうご)、白石、藺生(いう)、甲岡、南之庄、吐山、針、小倉、針ケ別所、馬場、萩、下深川、上深川、高塚。室生村からは無山、多田、染田、小原、上笠間、下笠間、深野。山添村からは毛原の26カ大字。大御幣を先頭に、御社旗、日月旗、大太鼓、白石国津大明神旗、騎馬甲冑武者、天狗、獅子舞、神職、騎馬当人児、槍、御幣に各大字旗、騎馬宮司の大行列が続きます。(H17.10.26撮影)
都祁水分神社 「還幸お迎え」
【都祁水分神社 「還幸お迎え」】
都祁水分神社 「神輿宮入り」
【都祁水分神社 「神輿宮入り」】
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO